東京のバーチャルオフィスを活用しよう!注目したいポイント紹介

コストを抑えて東京にオフィスを借りたいならバーチャルオフィス

案内する女性

個人的に事業を始める際にはオフィスの住所を登記しなければなりませんが、その際に個人として利用しやすい物として、バーチャルオフィスやシェアオフィス、そしてコワーキングスペースなどがあります。誰でも利用しやすいオフィスを提供するという目的としては同じですが、それぞれに特徴があって向き不向きがあるので、自分に合っているかどうか考えてから利用する事が大切です。ではこのうちバーチャルオフィスに向いているのはどのような人なのでしょうか。端的に言ってしまえばオフィスを用意するコストを、なるべく抑えたい人に向いています。通常オフィスを用意するには、東京ならどんなに小さいスペースでも月10万円以上はかかるでしょう。しかも最初は敷金や保証金など預託金と、内装費や設備費なども払うので、初期投資はかなりの額になります。これがバーチャルオフィスだと、月々の利用料金は東京でも大体1万円くらいです。シェアオフィスが東京で月々大体3万円なので、そちらと比べても3分の1の費用です。それにシェアオフィスにしてもコワーキングスペースにしても、仕事場として利用するのが前提ですので、東京で借りる以上は東京かその周辺に住んでいないとあまり意味がありません。一方バーチャルオフィスはあくまで住所を借りるだけなので、サービス利用中に一度も東京に行かなくても問題ありません。生活費の安い地方にいながら東京のネームバリューを活用できるのです。

おすすめ記事

Top