東京のバーチャルオフィスを活用しよう!注目したいポイント紹介

信用度を高めるなら来客対応ありの東京のバーチャルオフィスがいい

資料を指さす

受付に常に専用のスタッフがいるようなバーチャルオフィスはサービスが充実している分、月額の利用料金は高めになります。バーチャルオフィスの最大の利点である、月額料金の安さを犠牲にするだけの価値があるかどうかは事業の内容にもよりますが、東京から離れた場所に住んでいて、その上で東京の一等地にバーチャルオフィスを利用したいという方の場合には、取引先を地元に呼ぶ事も自分が瞬時に東京に行くわけにもいかないので、来客対応が充実しているバーチャルオフィスの方が安心だと言えます。またバーチャルオフィスにありがちな、実際のオフィスが無い事による取引先や顧客からのマイナスな印象を和らげ、さらに信用度を上げるためにも有用と言えるでしょう。もし来客対応はして欲しいけれど、そこまで費用は上乗せしたくないというなら、専門の受付スタッフはいないけれど、バーチャルオフィスを運営する会社のスタッフが対応してくれる業者を選ぶ手もあります。専門のスタッフが常駐しているよりは、対応のグレードは下がりますが、それでも来客を放置したりするようなことは無いので、信用を落とすような事にはならないでしょう。来客の頻度が多い業種や、事業の内容的に高級感や信用度というものを重視するような場合には、専門の受付があるところが向いていますし、不意な来客を除けば来客を想定していないという場合には、運営会社のスタッフによる対応の方が向いています。

住んでいなくても東京に事務所を置けるバーチャルオフィスが便利

新しくビジネスを始める時に、東京に会社の事務所を置きたいと思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし東京と言えば世界的に見ても家賃の高いエリアです。どんなに小さなオフィスでも、借りればそれだけでかなりの経費が必要になってしまいます。一応安くオフィスを借りる方法というのもあって、よく知られている物としてはシェアオフィスがあります。ただシェアオフィスは、その場所に行ってオフィスとして実際に使う事が前提のサービスですから、自宅から通える範囲に無いと使いづらいです。それこそ東京から離れた場所で暮らしている方が東京にシェアオフィスを借りたとしても、東京都内にでも引っ越さない限りはその機能を活かす事は出来ないでしょう。では他に方法が無いのかというと、実は存在します。それがバーチャルオフィスです。バーチャルの名前の通り、仮想上のオフィスを設置するというのがバーチャルオフィスの特徴で、具体的に言うと実際にある住所を月額単位でレンタルして、そこを会社の事務所として登記出来るというサービスになります。これなら東京に住んでいなくても、会社の事務所の住所を東京に出来ます。実際にクライアントと直接会ってやり取りするのには不向きですが、メールや電話などでのみやり取りをするつもりなら、十分活用できます。来客対応や電話の取り次ぎが出来るバーチャルオフィスもあるので、急な来客があっても安心です。

東京でバーチャルオフィスを利用する前にチェックしたい運営会社の質

東京の一等地の住所を格安でレンタルして、事業を行う際の事務所の住所として使えるバーチャルオフィスは人気のあるサービスですが、そのため新しく東京でバーチャルオフィスの運営に参加する業者も増えています。その分運営実績が乏しい業者も多かったりサービスが悪い業者もあったりして、よく選んで利用しないと不利益を被る可能性もあるので要注意です。そこで東京でバーチャルオフィスを利用する場合のチェックポイントをいくつかご紹介します。まずそのバーチャルオフィスを運営している会社に問題が無いかチェックしましょう。仮に良くない噂のある会社であったりすれば、そこを利用していると自分の会社の評判も落としますので避けましょう。また経営状況がよろしくないという場合についても、突然サービスが終了したり、利用料金が値上げされる可能性もあるので避けたほうが無難です。それとバーチャルオフィスを運営している会社のスタッフの質も、しっかりチェックするべきです。仮に自分の会社に直接来客があった場合、対応するのは自分ではなく、そのバーチャルオフィスにいる運営スタッフになります。無関係とは言っても、来客からすればその運営会社のスタッフの対応がそのまま自社のイメージに繋がりますので、質の悪い対応をされると知らないところで評判を落とします。そのためサービスの利用前のスタッフの対応を見て、対応がしっかりしている所を利用すると安心です。

対応がしっかりしている【ユナイテッドオフィス】なら、リーズナブルな料金でバーチャルオフィスを利用できます。バーチャルオフィスを東京で探すなら【ユナイテッドオフィス】で決まりです。

おすすめ記事

Top